桜ほろ散る院庄

遠き昔を偲ぶれば

幹を削りて高徳が

書きし至誠の歌形見

 

君の御心 安かれと

闇に紛れてただ一人

刻む忠節 筆のあと

巡る懐古に 涙沸く

 

風に晒され 雨に濡れ

文字はいつしか 消えたれど

つきぬ誉の 物語り

永久に輝く 花のかげ